DB詳細

下小松古墳群

国指定史跡 前方後円墳を含む東日本最大級の古墳群
下小松古墳群は、川西町の北西部、標高230m〜280mほどの丘陵中に広がる4世紀から6世紀にかけて造られた古墳群です。
 北から陣が峰・永松寺・薬師沢・鷹待場・小森山・尼が沢の6支群に分けることができ、古墳の総数は合わせて202基に及びます。この中には21基の前方後円(方)墳が含まれており、山形県内の半数以上の前方後円墳が集中しています。
展望台から望む置賜盆地は、山形県の眺望景観資産に登録されています。また動植物も豊富で、春には高山植物の「ヒメサユリ」や「ニッコウキスゲ」、日本で一番小さいトンボ「ハッチョウトンボ」や「チョウセンアカシジミ」なども見ることができます。
山道が地元ボランティアの方により整備されており、散策もできます。
INFORMATION
カテゴリ
観光スポット
名称
下小松古墳群
お問合せ先
川西町まちづくり課
電話番号
0238-42-6668
アクセス
・東北中央自動車道 米沢中央ICから車で35分(国道287号線軽油) ・JR米坂線 犬川駅より車で約5分
駐車場
無料駐車場5台あり (駐車場にトイレを設置、冬季間使用中止となります。)
備考
毎年6月上旬に「ひめさゆりウォーク」を開催しています。
周辺情報

Access 1,581,497pv (2012.02.14〜) Today 1,217pv Yesterday 1,292pv Contents 837pages